忍者ブログ

day in the life

HP:NATURAL http://daydream.ebo-shi.com/
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デバイス


D80 AF50mmf1.4D

この間の旅行の時。
親父が竹林の中で、高くそそり立つ竹を見上げて
「大気圧のもとでは水を10m以上の高さに引き上げることができないはずなのに
(1気圧は約10mの高さの水圧と釣り合うため、
ポンプを使ってもそれ以上は上がらない)
10m以上ある植物はどうやって水を持ち上げているんだ?」
とおふくろに聞いていているのを横で聞いていて、
一瞬考えたのち
「わからん」
とあっさり結論を出し、そのことはすっかり忘れていた。

で、この間読んだ本で、まったく偶然に同じ疑問を主人公が抱いていたので
(「月は幽咽のデバイス」森博嗣著)
これはちょっと、と思い調べてみた。

どうやら
植物の細胞の浸透圧と凝縮力に関係があるらしい。
詳しくはコチラ。(うまく説明できる自信がまったく無い)

凝縮力ってあんまり聞いたことがないけど、
ようは、水の分子ってのはくっつき合おうとすることらしい。
コップにギリギリまで水を注いで、フチの高さを越えても
コンモリとしてこぼれない表面張力とか、
葉っぱの水玉がくっつき合うのを思い出してもらうとわかりやすい。
そのくっつき合う作用が水を上へ引き上げる力を促しているそうな。

ちなみに高層ビルなんかは加圧ポンプなどで水を押し上げている。
押し上げる分には気圧が関係ないので。

勉強になりました。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

「月は幽咽のデバイス」感想

  • 「月は幽咽のデバイス」感想
  • URL
  • 2009/02/04(Wed) 00:06
「月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks」 作:森博嗣 文庫初版:03/03/15 講談社文庫 「森先生の発刊ペースにはついてけねぇぜ!...

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
コヤマトシユキ
HP:
性別:
男性

QRコード

ブログ内検索

最新記事のフィルム

× CLOSE

Copyright © day in the life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]